AIクリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

【ChatGPT】英語の勉強として使うやり方、おすすめ5選

ChatGPTを英語の勉強として使うやり方がいろいろと開発されています。

ChatGPTを英語の勉強として使うやり方、おすすめ3選

英語の勉強法・疑問を聞く

「TOEICで900点とるには」「英語でよく間違える例」など質問してみましょう。

 

質問「英語でよく間違える例」

英語を学ぶ人がよく間違える例をいくつか挙げます。

 

"there," "their," "they're" の使い分け
"There" は「そこに、そこで」の意味で、場所を示す時に使います。例:I left my keys over there.
"Their" は所有格の形で、「彼らの」という意味です。例:Their house is very big.
"They're" は "they are" の短縮形で、「彼らは」という意味です。例:They're going to the park.


"your" と "you're" の使い分け
"Your" は所有格の形で、「あなたの」という意味です。例:What's your name?
"You're" は "you are" の短縮形で、「あなたは」という意味です。例:You're very kind.


"its" と "it's" の使い分け
"Its" は所有格の形で、「そのものの」という意味です。例:The dog chased its tail.
"It's" は "it is" の短縮形で、「それは」という意味です。例:It's a beautiful day.


"affect" と "effect" の使い分け
"Affect" は「影響する」という意味で、動詞として使います。例:The rain affected my plans.
"Effect" は「効果、影響」という意味で、名詞として使います。例:The medicine had a positive effect on my health.


"accept" と "except" の使い分け
"Accept" は「受け入れる」という意味で、動詞として使います。例:She accepted the job offer.
"Except" は「除外する」という意味で、前置詞として使います。例:Everyone came to the party except for John.

 

質問「英語でRとLとを聞き分ける方法は?」

英語で R と L を聞き分けることは、日本人にとって特に難しいことの一つです。以下は、R と L を聞き分けるためのいくつかの方法です。

 

聞き分け練習をする
英語の音声をたくさん聞いて、R と L の発音を聞き分ける練習をしましょう。YouTubeなどの動画や音声を使うと良いでしょう。


発音練習をする
英語の発音に慣れるために、発音練習をしましょう。特に、R と L の発音に焦点を当てた練習を行うと効果的です。


舌の位置に注意する
R の発音は、舌を口蓋の上に持ち上げ、その後下ろすことで発音されます。一方、L の発音は、舌を上唇につけることで発音されます。このような舌の位置の違いに注意して発音を練習することが重要です。


耳を慣らす
R と L の発音の違いを聞き分けるために、耳を慣らすことが重要です。英語を聞く環境を増やし、英語の音声に慣れることが大切です。


声を出して読む
英語の発音に慣れるために、音読をすると良いでしょう。英語の文章を読み上げ、R と L の発音に注目しながら発音することで、より発音に慣れることができます。
これらの方法を組み合わせて、R と L を聞き分ける能力を向上させていきましょう。

 

 

英作文してもらう

まず簡単なのは、自分の関心あるテーマで英語の文章を書いてもらうことでしょう。

 

日本語で質問可能。

「英語で教えて」といったのに日本語で返ってきました。

しかし安心してください。「in English(英語で)」とすることで英文に変換してくれます。

 

 

リライトさせる

英文をリライトしてもらいます。

フォーマル調などにしてもらうこともできます。

 

使用例:

Could you rewite text below in formal english?

 

 

表現が正しいか聞く

英語表現が正しいか聞きます。

 

is this english expression is right?
If you know more suitable expression, let me know.
"Where is the toilet?"

 

 

覚えたい単語で教材ストーリーを作る

Togetterで話題となっているのが、覚えたい単語で物語を作ってもらうというもの。

 

これなら作られた教材を押し付けられないですし、ファンタジーやSFものにアレンジできたりして楽しそうです。

 

作り方は覚えたい単語を羅列して「これらの単語でショートストーリーを作って」と記述するだけ。

 

「ChatGPTを暗記ツールとして使う」とは?→めちゃめちゃ効果的で驚き「自分仕様の『速単』が秒で作れる」 - Togetter

 

使用例;

PC,smartphone,investigation,provider,international
これらの単語で英語のSF風ショートストーリーを作って。
その単語を太字にして、最後に和訳をのせて。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ