クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

【AI画像販売】Redbubbleの使い方、データの形式・サイズは?

 

redbubbleは、海外のTシャツ販売サイト。ドロップシッピング形式なのでデータを入れるだけで在庫を抱える必要はありません。

円安ですし、海外向けに面白いデザインを考えてみるとよいでしょう。

redbubbleとは?

Awesome products designed by independent artists | Redbubble

 

 

redbubbleの使い方

アカウント

まずは会員登録します。

Signup | Redbubble

 

 

作品登録

Add Your Work | Redbubble

 

上記ページからアップします。

 

ファイルは「JPEG, PNG、GIF」など。

最低でも1000px 以上必要です。

 

メンズ・グラフィックTシャツ の推奨は、3873x4814ピクセル

 

詳細は以下。

Dimensions & Format – Redbubble

 

テンプレートはこちら。

Product Templates - Google ドライブ

 

RedbubbleではTシャツやステッカーから大きなシートまで対象グッズが豊富です。

大きいサイズで入れたほうが、利用可能なグッズの種類が増えます。

 

ただしやりすぎはだめで最大は「300Mb」もしくは「13500x13500」のサイズまで。

 

AI画像は出品できる?

https://www.redbubble.com/shop/ai+art

 

出品はされているので大丈夫だと思います。

もちろんAI画像だからといって明らかな著作権侵害などはNG。

 

ただTシャツ推奨サイズである3873x4814ピクセルぐらいまでレンダリングしようとするとうちの機種では厳しいですね(nVidiaメモリ12GB)。

 

 

画像がアップできない?

公式によれば、Gimpで作った場合にトラブルが起きるそうです。

 

GIMPの 「名前を付けてエクスポート」 オプションを 使って書きだします。

詳細設定では「 Exif/XMP/IPTC/thumbnailを保存」を解除 します。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ