クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

画像から3D生成「CSM」の使い方は?

画像から3Dデータを生成する「CSM」の使い方です。

画像から3D生成「CSM」とは?

CSM AI - 3D World Models

 

3Dデータを生成するジェネレーティブAIです。

 

画像から3D生成「CSM」の使い方

まずログイン。

CSM 3D Viewer

 

appleやグーグルアカウントでログイン可能。

 

画像をアップしたら、

 

切り抜きもやってくれます。左側で生成3Dデータの感じがわかります。

よければ「Generate 3D Mesh」ボタンを押します。

 

生成されるまで数時間はかかるので、後でチェックしましょう。

 

 

完成すると好きな角度からチェック可能。

 

右上のダウンロードボタンから

 

GLBまたはUSDZとして入手できます。




このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ