Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【ラズパイ】対応したLiDARモジュールは?

最近はアイフォンのAR技術がすごいです。従来のARはカメラ画像から情報を解析していましたが最近のアイフォンはLidarを搭載。これは光レーダーですので空間の情報を実測することができます。そのためARの精度もあがっているわけです。

そんなLidarをラズパイで使うための情報を調べてみました。

Lidarとは?

LiDARとは「Light Detection and Ranging」の意味です。

通常のレーダーは音波などを使いますが、LiDARは光を使って計測します。

 

LiDARを使うと、空間の情報を立体的に取得できます。そのためARへの活用なども格段に精度があがることになります。

最近のアイフォンはLiDAR搭載のため、さらにワンランクアップしたARアプリが続々と登場しています。 

www.kyoukasho.net

 

 

www.kyoukasho.net

 

株式市場はEV車や自動走行車などがブームとなっていますが、特に自動走行車用にLiDARを活用しているケースもあります。

 

今後はますますLiDARを使った製品が世の中に出てくるのでしょう。

 

 

ラズパイにつなげるLidarは?

モジュールがいろいろ出ているので、ラズパイからLiDAR情報を取得することは比較的簡単だと思います。

 

LIDAR-Lite v3

class1のレーザーを搭載したLiDARモジュール。

小型なので、ロボットやドローンなどに搭載するにもちょうどいいです。

価格は20000円前後。

https://www.switch-science.com/catalog/2981/

 

実際にラズパイで繋げた場合の記事はこちら。

Lidar Lite v3をRaspberry piのI2Cで制御する - FaBo RaspberryPi Docs

 


LIDAR-Lite v3 ハイパフォーマンス 光学距離センサー
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
楽天 >>
Amazon >>
Yahoo!ストア >>

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ