アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Automate Desktop】ショートカットキーは?

Power Automate Desktopをよく使う場合には、ショートカットキーを覚えておくと操作効率が格段にアップします。

ショートカットキー一覧

Keyboard

ショートカットキーを使うのが、アプリの効率アップの王道です。

ショートカットキーは以下になります。

 

初期画面でのショートカットキー

f:id:apicode:20210415105040p:plain

Power Automate Desktopを起動時の画面では以下が利用できます。

  • 上を選択:↑キー
  • 下を選択:↓キー
  • 選択されたフロー編集画面を起動:リターンキー
  • 選択されたフロー編集画面を起動:Ctrl+E
  • 新規フロー:Ctrl+N
  • 選択されたフローの削除:デリートキー

 

削除の場合は以下のように確認画面が出ます。

f:id:apicode:20210415105243p:plain

 

 

フロー項目のショートカットキー

f:id:apicode:20210415102444p:plain

  • アンドゥ::Ctrl+Z
  • リドゥ::Ctrl+Y
  • カット::Ctrl+X
  • コピー::Ctrl+C
  • ペースト::Ctrl+V
  • すべてを選択::Ctrl+A
  • 削除:Delキー
  • ここから実行:Alt+F5
  • 項目を上にあげる:Ctrl+Shift+Alt+↑
  • 項目を下に下げる:Ctrl+Shift+Alt+↓

 

  • フロー全体を選択:Ctrl+A
  • 行に移動::Ctrl+G

 

行に移動を実行すると、以下のようなダイアログが出てきます。指定された番号のフローを選択できます。

f:id:apicode:20210415102238p:plain



設定画面のショートカットキー

設定画面で、カーソルが「x」のあるフィールドにあるとき、「コントロール+F」で変数の選択画面が出ます。

f:id:apicode:20210415103538p:plain

 

デバッグのショートカットキー

デバッグでは以下のようなショートカットキーを使います。実行や停止はよく使うので、ショートカットキーを覚えておくと便利です。

  • 実行:F5
  • 次を実行:F10
  • 一時停止:Ctrl+Pause
  • 停止:Shift+F5
  • ブレークポイント切替:F9

 

ファイル・終了のショートカットキー

よく使われる「コントロール+S」で現在のフローを保存できます。

  • 保存:Ctrl+S
  • 終了:Alt+F4

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ