アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Automate Desktop】エクセル・CSVを操作するには?

Power Automate Desktopは作業を定型化できる便利なツールです。エクセルにも対応しているので、エクセルの読み込みや書き込みにも威力を発揮します。

Power Automate Desktopでエクセル

ExCeL

エクセルを開く

アクションで「Excel」の「Excelの起動」をドラッグします。

ダイアログが開くので「起動」で「次のドキュメントを開く」とし、ドキュメントファイルを選びます。

f:id:apicode:20210308141017p:plain

 

この状態で、上の再生ボタンを押すと、指定したエクセルファイルが起動することを確認しましょう。

f:id:apicode:20210308141151p:plain

 

エクセルを読み取る

開いたファイルの指定範囲を読み込みましょう。

アクションで「Excel」の「Excelワークシートから読み取り」をドラッグします。

するとダイアログが開きます。

 

B4セルの値をとるには、取得で「単一のセルの値」を選び、先頭列に「B」、先頭行に「4」と入れます。

f:id:apicode:20210308141403p:plain

 

実行して、フロー変数のところでB4セルにあった値が無事とれているか確認しましょう。

f:id:apicode:20210308141406p:plain

 

エクセルへ書き込む・保存する

アクションで「Excel」の「Excelワークシートに書き込み」をドラッグします。

するとダイアログが開きます。

書き込む値へ任意の値を入れ、書き込みモードや列、行を設定します。

以下は「B4」セルへ「ワンボーロン」という文字を書き込みます。

f:id:apicode:20210308152953p:plain

 

 これで実際動かすと、以下のように変更できました。

f:id:apicode:20210308153127p:plain

 

ただしこれはまだ保存していないので、ファイルとしてはデータを保持していません。

そこで、アクションで「Excel」の「Excelの保存」をドラッグします。

保存モードは「ドキュメントを保存」にします。

f:id:apicode:20210308153213p:plain

 

これで実行後、エクセルファイルを個別に起動してみると、値が変更された状態で保存されていたことを確認できると思います。

 

エクセルを閉じる

アクションで「Excel」の「Excelを閉じる」をドラッグします。

データ保存をさせる場合「Excelを閉じる前」で「ドキュメントを保存」にしましょう。

f:id:apicode:20210308153757p:plain

 

以上の組み合わせで、

・特定のエクセルファイルを開く

・特定のセルを読む

・特定のセルを上書き

・ファイルを保存

・ファイルを閉じる

といった一連の流れをフローにできると思います。

f:id:apicode:20210308153935p:plain

 

 

Power Automate DesktopでCSV

CSVファイルも扱えます。CSVファイルはデータをコンマ区切りなどでテキストファイルにしたものです。

 

CSVを読み込む

ファイル>CSVを読み取ります」で読み込むファイルを指定します。

f:id:apicode:20210310092409p:plain

 

実行後、無事値が「CSVTable」という変数に格納されていることを確認しましょう。

f:id:apicode:20210310092413p:plain

 

CSVの値を調べる

CSVを開くと、「CSVTable」という名前の「DataTable」という形式でデータが格納されます。

「CSVTable」へアクセスすることで、CSVファイルのデータが取得できます。

 

変数>変数の設定」をフローに追加します。

「宛先」のところに「%CSVTable[4][1]%」のように書きます。これは変数「CSVTable」の「4行目」で「1列目」のデータという意味です。

実際には何番目というのは「0」から始まるため、「5行目2列目」のデータを指定していることになります。

f:id:apicode:20210310093309p:plain

 

実行して谷口選手の名前が取得できていればオッケーです。

f:id:apicode:20210310093311p:plain

 

CSVの値を変更して書き出す

今度はデータの一部を変更してCSVファイルに書き出ししましょう。

まずデータを変更するために「変数>変数の設定」をフローに追加します。そして変数のところに「%CSVTable[4][1]%」を指定して「宛先」で上書きするデータを指定します。

f:id:apicode:20210310093713p:plain

 

書き出すには「ファイル>CSVに書き込みます」をフローに追加。

書き込む変数に「%CSVTable%」、ファイルパスで出力するファイル名を指定します。

f:id:apicode:20210310093837p:plain

 

実行後、書き出したファイルを確認してデータが変更されたものが保存されていればオッケーです。

f:id:apicode:20210310094050p:plain

 

今回紹介した一連のフローは以下のようになります。

2つめは説明用ですので省いてもらっても大丈夫です。

f:id:apicode:20210310094122p:plain

 

 

Power Automate Desktopの導入方法や基本的な使い方については以下参照ください。 

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ