クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

Diffusionモデル共有サイト「civitai」とは?使い方は?

Stable DiffusionのWebUIなどを使う場合、モデルデータの入手が大事になってきます。

そんな時に便利なサイトがcivitaiです。

civitaiではプロンプトで生成するためのキャラクターモデルを公開・共有してくれるサイトです。

civitaiとは?

Civitai | Stable Diffusion models, embeddings, hypernetworks and more

 

Stable Diffusionで作られるモデルの共有サイトです。

 

いわゆるプロンプト集(「赤い髪の女の子で...」みたいな)ではなく、人などをレンダリングするための大本となる学習用モデルデータが公開されています。

 

twitter

Civitai(@HelloCivitai)さん / Twitter

 

discord

Civitai (discord.com)

 

github

civitai/civitai: A repository of models, textual inversions, and more (github.com)

 

 

civitaiの使い方

ダウンロードする

サイトを閲覧し、モデルを探しましょう。

 

モデルによっては強制的にぼかされている場合があります。

 

ぼかされている画像は「NSFW」な画像となります。

「NSFW」とは「ノット・セーフ・フォー・ワーク(Not safe for work)」の意味。

職場や学校などで表示すると困るような画像で、大半がいわゆる「むふふ系」の画像です。

 

ぼかされている画像については、左上の目のアイコンを押すと表示されます。もう一度押すと隠されます。

 

 

サイトで気にったモデルを選ぶと、ダウンロードボタンがあります。

ここから「PicklTensor」「TensorModel」などを選んでダウンロードします。

 

モデルの学習データなのでサイズは結構でかいです。

上記のもので5GBほどもあります。

 

 

どの種類を落とせばいいの?

ファイルには、

・拡張子Safetensors(セーフ版)

・ckpt(チェックポイントファイル)

などのファイルがあります。

 

基本的にはどちらもStable Diffusionからモデルデータとして利用できます。

 

 

2つのファイルの違いですが、以下サイトによればckpt(チェックポイントファイル)はデータをピクル化したものだそうです。

 

このデータを非ピクル化をする際に「任意コードの実行」が可能となるそうです。

 

悪い人が悪いプログラムを仕込んでいる場合、困ったことがおきかねません。

 

 

それに対し、Safetensors(セーフ版)は、そもそもコードの実行がされないようなっています。

 

 

どちらか迷った場合、セキュリティの観点ではSafetensors(セーフ版)のほうを選んでおけば正解ということでしょう。

AIモデルのsafetensors形式とは何者か?ckptと比較しつつ解説する | 経済的生活日誌 (economylife.net)

 

 

 

また、バージョンによっては「pruned.safetensors」のように書かれています。

 

「pruned」は「切り取る、 切り払う」という意味であり、不要部分を削除してファイルを軽めにしたバージョンだと思います。

 

 

ファイル名に数字がついている場合、通常は数字が大きいほど学習されているファイルを意味します。逆に言えば数字が大きいほどファイルサイズが大きい可能性があります。

 

小さい数字のファイルを試してみて、ディテール等いまいちなら大きい数字のモデルを試す...というのがいんじゃないでしょうか。

 

 

Stable Diffusionで生成する

WebUIを自機に入れていれば

「(インストールしたパス)stable-diffusion-webui\models\Stable-diffusion\」

...にモデルファイルを移します。

WebUIの導入については以下記事などを参考ください。

WebUI導入で9009エラーの場合は? - ChatGPTの教科書

 

WebUIを起動し、モデルを選択。

呪文(プロンプト)をいれてGenerate(生成)すれば、モデルを使った画像が表示されます。

 

UI起動後の場合はリフレッシュしてからモデルを選択します。

 

後はレンダリングしてモデルデータを使った画像が生成されるのを待ちましょう。



動画だと以下参考に。civitaiの利用の場合については6:30あたりから。

www.youtube.com

 

 

 

モデルをアップロードする

モデルをアップロードするにはアカウントが必要です。

まずはサイトへログイン。

https://civitai.com/login?

 

あとはバージョンやモデルのベースなどを入力し、データをアップします。

 

 

「civitai」でモデルが見つからない場合は?

人によってはハギングフェイスのほうへアップロードしている場合があります。

 

ハギングフェイスは、civitaiのようにキャラクターデータに特化しているわけではありません。。

 

ML(機械学習)のプラットフォームで、機械学習のための様々なファイルがアップロードされています。見た目はGitHubみたいにそっけありません。

 

Deyo/SEmix at main (huggingface.co)

 

こちらもダウンロードしたらDiffusionのmodelフォルダにぶっこんで使います。



 

 

civitaiのQA・不具合

接続できない?

civitai.comではサーバステータスは特に公開していません。

サードパーティの監視サイトとしては以下のようなものがあります。

 

サーバ障害の可能性がある場合は以下からチェックしてみましょう。

Civitai Down? Civitai status and reported issues - SaaSHub

 

 

作った画像は勝手に使っていい?

モデルごとにライセンス表記があるので確認しましょう。

 

多くのサイトがリンクしているのが以下の規約です。

License - a Hugging Face Space by CompVis

 

英文なのでわかりにくいですが、以下記事をみてみると、一応商用利用も含め自由には使えるようです。

 

ただ違法/有害なケースに該当しないようにはしておきましょう。

画像生成AI「Stable Diffusion」のLicense要約を和訳して読む|イワケン|note

 

 

また、下部のアイコンをクリックすることで許可範囲の一覧が出るモデルがあります。

・Use the model without crediting the creator:クレジット無しで使用
・Sell images they generate:生成画像の販売
・Run on services that generate images for money:有料の画像生成サービス上での利用
・Share merges using this model:モデルを使ったマージのシェア
・Sell this model or merges using this model:モデルやモデルを使ったマージの販売
・Have different permissions when sharing merges:?

 

 

当ブログで紹介しているモデルや機能拡張の一覧はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ