Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Apps】ポータルって何?作るには?

Power Appsの作成メニューでは「ポータル」というものがあります。

実際触ってどんなものかみてみましょう。

Power Apps ポータルとは?

説明によれば「Power Apps ポータルを使用すると、ページ テンプレートの設計と構築、Web ページの作成や Power BI との統合、ポータル検索によるコンテンツの検索、流動検索を使用したカスタマイズ、評価の有効化など、さまざまな操作を行うことができます。」となっています。

 

わかりやすく言えばウェブページ作成サービスのようなもので、Wix.comなんかに近いイメージです。

 

費用は?

ポータルは試用版として作成され、30 日後に有効期限が切れます。継続にあたっては有料でのホスティングとなります。

 

アプリごとのプラン(ユーザーごとに 1 つのアプリを実行する):月額¥1,090

ユーザーごとのプラン(ユーザーごとに無制限のアプリを実行する):月額¥4,350

価格 - Power Apps

 

 

Power Apps ポータルをつくるには?

作成する

Power Appsへログイン。「作成」から「一から作成するポータル」を選びます。

f:id:apicode:20210411142041p:plain


名前、サブドメイン名を指定して作成します。 

f:id:apicode:20210411134004p:plain

 

実行後、開始までの準備(プロビジョニング)がかかるので終わるまで待ちます。

数分かかります。

f:id:apicode:20210411134029p:plain

 

編集する

終わると、このように編集画面となります。

f:id:apicode:20210411141756p:plain

 

たとえば左のメニューからコンポーネントで画像を選びます。

f:id:apicode:20210411141902p:plain

 

するとページ上に画像エリアが出現。

f:id:apicode:20210411141916p:plain

 

右側の設定では「画像の選択」のところに「画像のアップロード」があるので実行します。

f:id:apicode:20210411141918p:plain

 

すると、アップした画像がこのように貼られました。

f:id:apicode:20210411141921p:plain

 

ウェブページの確認

「Webサイトの参照」ボタンを押します。

f:id:apicode:20210411141924p:plain

 

すると指定したサブドメインでウェブページが開きます。

先ほど貼りこんだ画像もちゃんと表示されていました。

f:id:apicode:20210411141929p:plain

 

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ