Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Apps】リッチテキストエディターの使い方は?参照するには?

Power Appsで、リッチテキストエディターの使い方のまとめです。スライダーは、部品をスライドさせることで数値入力を手早く行えます。

Power Appsで、リッチテキストエディターの使い方は?

An electric typewriter


リッチテキストエディターは、文字装飾なども指定して編集できる文書エディターを提供します。

 

挿入

リッチテキストエディターは、「挿入」タブで「入力」から「リッチテキストエディター」を実行します。

f:id:apicode:20210411104154p:plain



フォントサイズなどは、プロパティから変更できます。

f:id:apicode:20210411104201p:plain

 

「規定」のところで初期値の文字を変更できます。

f:id:apicode:20210411104341p:plain


 

実行すると、上のところに文字飾りなどのアイコンが並びます。

f:id:apicode:20210411104211p:plain

 

 

参照

他の部品からリッチテキストエディターの値を参照するには「RichTextEditor1.HtmlText」のように指定します。

これならHTML形式でエディターの内容を取得できます。

f:id:apicode:20210411104632p:plain

 

エディター編集とほぼリアルタイムにHTML文が生成されていることがわかります。

f:id:apicode:20210411104743p:plain



 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ