Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Apps】テーブルの関数は?

テーブルを扱う際に利用できる関数がどんなものがあるかのまとめです。

テーブルの初期化

Table

初期化

テーブルは「{ Title: "バッテリー", Quantity: 10, Price:15 }」のようなデータの配列となります。

変数「cTable」にテーブルを作るには以下のように「Set」関数を使って「Table」関数とデータの羅列を使います。

Set(cTable,Table({ Title: "バッテリー", Quantity: 10, Price:15 }))

 

 

テーブルを調べる 

特定の行の値を調べる

テーブルで最初の行を抜き出す「First」関数を使うと、1行目の特定の値を取得できます。

First( cTable).Title

f:id:apicode:20210414102826p:plain


 

最終行は「Last」関数を使います。

Last( cTable).Title

 

ソートする

Sort」で指定した列に応じて並び替えをします。

 Sort( cTable, Quantity )

 

フィルタリングする

Filter」でフィルター条件で抽出します。例えば列Quantityが0より大きいレコードだけ抽出するには以下のようにします。

Filter( cTable, Quantity > 0 )

 

レコード数を取得して、該当レコードだけの数になっていることが確認できます。

CountRows(Filter( cTable, Quantity > 0 ))

 

探す

Search」でレコードを探すことができます。

Search( cTable, "バッテリー", "Title" )

 

ヒット数でも確認できます。

CountRows(Search( cTable, "バッテリー", "Title" ))

 

Lookup」を使えば、特例のレコードを探して別の列の情報を取得することもできます。

LookUp( cTable, Title= "バッテリー", Quantity )

 

データ数を調べる

CountRows」で調べることができます。

CountRows(cTable)

 

 

データの処理

複数のレコードのデータを文字列として抜き出す

Concat」を使ってテーブルの指定列をコンマ区切りで連結して出力します。

Concat(cTable, Title & ",") 

  

合計を調べる

Sum」関数を使うと、テーブルの値の合計がすぐ算出できます。

 Sum( cTable, Price )



平均値を調べる

同様に「Average」ですぐテーブルの特定列の平均値が出ます。

Average( cTable, Price )

 

 

 

 

 

 

Power Appsではデータやテーブルの管理がちょっとわかりにくかったです。アプリの作成には欠かせませんので、しっかり理解しておきましょう。  

www.kyoukasho.net

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ