Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Apps】ギャラリーを使うには?参照するには?

PowerAppsで使えるいろんなコンポーネントのうち、ギャラリーを紹介します。

これがあれば、メモ書きアプリやサインをしてもらうフォームアプリなどに便利です。

ギャラリーを使うには?

Girl by the whirlpool Lookin' for a new fool


ギャラリーは、画像などをリスト形式で表示するのに便利な部品です。

 

挿入

「挿入」タブの「ギャラリー」を選びます。

f:id:apicode:20210414140459p:plain

 

テンプレートで

  • 縦置き
  • 横置き
  • 高さ伸縮可能

があります。

f:id:apicode:20210414140548p:plain

 

とりあえず縦置きを設置。するとこのパーツが接続するデータを聞いてきますのでつなげます。

f:id:apicode:20210414140609p:plain

 

画像のないテーブルでも利用できます。ソースを変更するにはプロパティの「データソース」から選択しましょう。

f:id:apicode:20210414140745p:plain



表示内容の変更

プロパティでレイアウトを選ぶと、

f:id:apicode:20210414141000p:plain

 

表示形式を変更できます。画像がないものでも大丈夫です。

 

f:id:apicode:20210414141003p:plain

 

画像のないフォーマットを指定すると、ギャラリーの表示は以下のように変わります。

f:id:apicode:20210414141007p:plain

 

表示項目を変更するには「フィールド」の編集を選びます。

f:id:apicode:20210414141152p:plain

 

すると列の項目を切り替えることができるので、

f:id:apicode:20210414141204p:plain

 

リストの表示も変わります。

f:id:apicode:20210414141207p:plain


 

参照

 

通常データアクセスで使うような関数でギャラリーのデータにアクセスできます。

例えばギャラリーの最初のデータの行で、出身地の列の情報を参照するには、

First(Gallery1.AllItems).出身地

と指定します。

f:id:apicode:20210414141825p:plain

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ