AIで稼ぐ教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

【Stable Diffusion WebUI Forge】Z123って何?作画例は?

Forgeを使っていると「Z123」なるタブが?いったい何?

どうやら画像を一度3D化して別角度から見たような画像が作れるっぽいです。ただ絵柄によって生成物は結構異なるので注意が必要です。

ForgeでZ123って何?

Z123って?

Forgeを見ていると「Z123」なるタブがあります。

 

どうやらこれは、「Stable Zero123」という単一画像からの高品質3Dオブジェクト生成するシステムのようです。

Stable Zero123 のご紹介: 単一画像からの高品質3Dオブジェクト生成 — Stability AI Japan

 

 

こんな方に!

画像生成AIの可能性に興味がある

Stable Diffusion WebUI Forgeを使っている

同じ画像を別の角度から作りたいことがよくある

 

 

作成手順

モデルを入手します。

「stable_zero123.ckpt」をダウンロードし、models/z123/フォルダへ入れます。

stabilityai/stable-zero123 at main (huggingface.co)

 

 

では実際に試してみましょう。

「Z123」タブへ移動。

好きな画像をドロップして指定し、モデルには「stable_zero123.ckpt」を指定します。

 

 

これだけで、下の方にある「Genarate」ボタンを押します。

 

1分以上待ちますが、生成がおわると4つほど画像が表示されます。

 

つまり3D化されたファイルを作るというよりは、一度内部的に?3Dデータにしたうえで、ほかの角度からみた画像を作り出す...というもののようです。

 

 

別の例で、車を使ってみるとこんな感じです。

 

これは後ろから見たって感じでしょうか。




こちらは普通に少女の画像を使って生成してみました。

後ろから見たパターンが作られました。

 

 

今度はフルボディで、背景も若干ある絵柄を使ってみました。

背景画像があると、仕上がりは崩れやすいです。

 

今度は白背景ながら、フリフリ?のあるような絵柄。

 

やっぱ、こういうのはまだきれいには出力されませんね。

 

 

 

もちろんステップ数を増やしていけば、もっと良くなるとは思いますが。。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ