アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Apps】データテーブルの使い方は?参照するには?

データテーブルをそのままアプリ内に埋め込むことができます。

Power Appsで、データテーブルの使い方は?

php-se16


Powe Appsには、データテーブル」というパーツもあり、アプリ内に挿入することができます。

 

挿入

「挿入」タブで「入力」から「評価」を実行します。

f:id:apicode:20210412152636p:plain

 

挿入しただけではテーブルと接続されていません。プロパティのデータソースからテーブルを選びます。

テーブルの準備方法は以下参照ください。

【Power Apps】エクセルのファイルをデータ・テーブルとして使うには? - アプリの教科書

f:id:apicode:20210412152930p:plain


テーブルにつないだだけではまだ表示されません。

そこで「フィールドの編集」を実行。

f:id:apicode:20210412152757p:plain

 

すると横にパネルが開きます。「フィールドの追加」を実行。

f:id:apicode:20210412152759p:plain

 

これで指定したテーブルが持っているフィールド名が出てきますので、利用するものをチェック。

 

f:id:apicode:20210412152805p:plain

 

これでデータテーブルのところにデータが表示されるようになりました。

f:id:apicode:20210412152808p:plain

 

実行後は、データがこのように一覧できるうえ、選択することも可能です。

f:id:apicode:20210412152812p:plain



 

参照

他の部品からデータテーブルで現在選択されている行の値(例えば出身地)を取得するには「DataTable1.Selected.出身地」のように指定します。

f:id:apicode:20210412152831p:plain

 

 

 

Power Appsではデータやテーブルの管理がちょっとわかりにくかったです。アプリの作成には欠かせませんので、しっかり理解しておきましょう。  

www.kyoukasho.net

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ