クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

【Stable Diffusion web UI】3Dモデル作成機能拡張「sd-webui-txt-img-to-3d-model Public」を使うには?

Stable Diffusion web UIは画像以外のメディア生成にも活用されています。ここでは文字から3Dモデルを作る機能拡張を紹介。

「sd-webui-txt-img-to-3d-model Public」とは?

文字から3Dモデルデータを作る機能拡張です。

 

「sd-webui-txt-img-to-3d-model Public」の使い方

Install from URLからインストールできます

 

jtydhr88/sd-webui-txt-img-to-3d-model: A custom extension for sd-webui that allow you to generate 3D model from txt or image, basing on OpenAI Shap-E. (github.com)

 

 

インストールし、UIを再起動後、「txt/img to 3d model」タブができていればOK。

あとは画像やプロンプトを入れてジェネレートします。

 

作成時間は思ったより長いです。

シェルの方から確認したほうが、停止中か実行中か判断しやすいでしょう。

 

完成後「stable-diffusion-webui\extensions\sd-webui-txt-img-to-3d-model\outputs」フォルダ内にデータができます。

 

完成データは、自由に向きを変えて確認できます。

 

オンラインの3Dビューワを使うこともできます。

Online 3D Viewer

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ