クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

「XXVI Holdings」から手紙?その正体は?

珍しく海外から手紙がきていました。「XXVI Holdings」というところからですが、こころあたりはありません。果たしてその正体は?

「XXVI Holdings」から手紙?

「XXVI Holdings」というところから封筒が届きました。

 

名前に心当たりないうえ、手紙も英語でよくわかりません。

f:id:apicode:20220302082402p:plain

 

ぐぐってみると、なんのことはないGoogle親会社のAlphabetの持株会社「XXVI」でした。

 

「XXVI Holdings」にありイコール「Google」というわけです。

Google親会社のAlphabet、持株会社「XXVI」を設立して2015年の企業再編成を完了 | TechCrunch Japan

 

 

実は昨年はじめてYouTubeアカウント収益化ができました。

 

また、封筒には「TAX RETURNED」と書かれてあるので、おそらくYouTube収益絵への税金についての書類ということなのでしょう。

 

 

 

内容的には、YouTube収益がアメリカですでに課税されている的な書類なのかな~という感じです。

 

この書類がないと、アメリカで課税分が引かれているうえに、さらに日本で税金がとられて2重取りになる...とかそんな感じではないかと予想しています。

 

 

 

ただし、今年はもう確定申告しちゃったし、金額も微々たるもの(雀の涙以下)なのでスルーです。

 

昨年たまたまYouTubeやったらめちゃくちゃ儲かってしまったというラッキーなみなさんは、申告前に税理士さんなどに相談したほうがいいと思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ