Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

AR作成ソフトと利用するプログラミング[EffectHouse・LensStudio・SparkStudio]

人気チャット・動画アプリではAR機能を解放しています。

全部を完全に使い切ったわけではないですが、初心者にはTikTok Effect Houseは「ノードをつなぐビジュアルスクリプト」なので制御しやすい感じはします。

SparkやSnapLensはJSに準じて記述するようです。

Tiktok Effect House

TikTok用のフィルターを作れるソフト。

大まかな使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

 

スクリプト環境は、EffectHouse内のビジュアルスクリプティングのパネルにて作成。

 

いろんなイベントやトリガーがノードとなっており、ノードとノードを接続しながらプログラムの流れを作成します。

(ただ内部的にはJavaScriptで処理っぽいです)

 

 

Snap Lens Studio

SnapchatのARを作れるソフト。

 

基本的な使い方はこちら。

Snapの場合、フィジックスなどにも対応しています。

www.kyoukasho.net

 

 

 

スタジオ内でスクリプトファイルを作り記述します。スクリプトの形式は、基本的にはJavaScriptに準じて記述できるようです。

Scripting Overview | Docs (snap.com)

 

 

Meta Spark Studio

Metaのフェイスブック、インスタ等に対応したAR作成ソフト。

 

スクリプトはJavaScript ES6とTypeScriptがサポートされています。

 

エディタは、Visual Studio Codeなどの外部エディタで作るようです。

スクリプト記述の基本 (facebook.com)

 

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ