クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

【Unity】クラスの作り方

ゲーム全般を管理するクラスを作ったり、セーブデータの管理は面倒ですがゲームづくりには必要な作業です。がんばってコーディングしましょう。

管理クラスを作るには?

シンプルなクラス

まずはスクリプトで以下のようなクラスを作ります。staticと宣言すると、メモリ上にはあるのでアクセス可能となるようです。

static public class sTestClass
{
    public const int life=1; 
    public const int attack=2;
    public const int defense=3;    
}

 

では、動作確認用に別のスクリプトを作り、そこからデータクラスへアクセスできるか確認してみましょう。

void Start()
    {
        Debug.Log("dat;" + sTestClass.life);
    }

 

ゲーム管理クラス

スクリプトでGameManagerクラスを作ると自動で歯車アイコンになります。

 

初期化時(Awake)で、「DontDestroyOnLoad」を設定するとシーンのロードで再初期化されなくなります。すでにある場合は「Destroy」で生成されないようにします。

public class GameManager : MonoBehaviour
{

 public static GameManager instance = null;
    /*------- 初期化 ------*/
    //---アウェイク
    private void Awake()
     {
         if(instance == null)
         {
             instance = this;
             DontDestroyOnLoad(this.gameObject); 
         }
         else
         {
             Destroy(this.gameObject);
         }
     }

}

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ