Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windows 11】レジストリ編集の仕方

Windows 11でレジストリ編集の仕方の紹介です。

Windows 11でレジストリ編集の仕方

レジストリにはウィンドウズOSの設定やアプリの設定など、多くの情報が格納されています。

 

レジストリを変更することで、設定を変えられますが、変に失敗してしまうとあとで困ります。バックアップを取りながら作業したほうが安心です。

 

内容

大まかに以下のような情報が入っています。

 

HEKY_CLASSES_ROOT

関連付け情報、OLEを利用しているアプリケーションの情報などが格納されています。

 

HKEY_USER

各ユーザのプロファイル情報が格納されています。

 

HKEY_CURRENT_USER

ログオンしているユーザーの情報となります。

 

HKEY_LOCAL_MACHINE

ハードウェアやソフトウェアの情報

 

HKEY_CURRENT_CONFIG

現在のハードウェア構成の情報

 

起動

ウィンドウズキー+Rで「ファイル名を指定して実行」を起動。

 

「regedit」といれてOKでレジストリエディタが起動します。

f:id:apicode:20210905213731p:plain

 

これでレジストリエディタが起動します。

f:id:apicode:20210905213820p:plain

 

 

編集

編集する際には、まずバックアップをしておくと安心です。

「ファイル>エクスポート」を選びます。「選択部分」または「全部」をえらで書き出すと、拡張子「reg」というファイルでバックアップが生成されます。

f:id:apicode:20210905213951p:plain

 

後は編集したい箇所へツリーを移動。

項目をダブルクリックすると、値を変更できます。

f:id:apicode:20210905214136p:plain

 

編集メニューから「新規」や「削除」を実行できます。

 

 

主なレジストリ項目

OS設定

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion

には

  • テーマ
  • ビデオ設定
  • コルタナ
  • スクリーンセーバー

などの項目があります。

 

 

 

Windows11タスクバーの変更

タスクバーについてはレジストリから変更できます。やり方は以下参照ください。

 

www.kyoukasho.net

 

www.kyoukasho.net

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ