Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【エクセル】インデントの付け方 インデントしたセルに列幅を合わせるには?

エクセルではインデントを付けることで見やすくなったりします。

ここではインデントの付け方についてまとめていきます。

エクセルのインデントの付け方

インデント(indent)の意味は「字下げ」のことです。のこぎりの歯の形状のようにギザギザに切るという意味もあります。

 

インデントを付ける

サンプルとして以下のエクセルファイルでインデントを付けてみましょう。

f:id:apicode:20210415213348p:plain

 

ホーム」タブの「配置」に「インデントを増やす」という字下げのアイコンがあるのでクリックすると、選択されているセルが字下げされます。

ただしセルに入っているデータは変わりません。

f:id:apicode:20210415213528p:plain

 

複数のセルを選んで字下げしてもいいですし、字下げボタンを押す都度字下げ具合も深まります。

f:id:apicode:20210415213530p:plain

 

元に戻す場合は、「ホーム」タブの「配置」に「インデントを減らす」アイコンをクリックすると、その都度字下げが戻ります。

f:id:apicode:20210415213726p:plain

 

インデントで隠れた列幅を素早く修正する

インデントすると、セルの右端が見切れる場合があります。

字数に合わせて列幅を一気に調整したい場合、列の境目にマウスカーソルを持っていき、ダブルクリックします。

f:id:apicode:20210415214816p:plain

 

すると列幅が自動で文字数にあわせた間隔になります。インデントを付けていた場合でも、インデントを付けた状態の幅にきっちり合わせてくれるので便利です。

f:id:apicode:20210415214819p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ