Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【アプリ】VHS Camcorder Liteの徹底解説 砂嵐で録画できない?

VHS Camcorder Liteは、昔のVHSビデオレコーダー風の映像に加工するアプリです。 ホラー映画なんかとるのに向いてそうな感じです。

VHS Camcorder Liteの使い方

f:id:apicode:20190816164932p:plain

昔の動画は磁気テープを使っており、画像の解像度も低いうえノイズも出やすいです。 そんなレトロな動画風のエフェクトで録画できるアプリがこのVHS Camcorderです。 Liteは制限がありますが無料で試すことができます。  

以下よりダウンロードできます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rarevision.vhscamlite&hl=ja&rdid=com.rarevision.vhscamlite  

 

VHS Camcorder Liteの使い方

起動するとこんな感じ。

  Liteは無料ですが制限付きですよ、って説明です。  

RECではもうVHS風の画像にリアルタイムで変換されています。

  TITLERボタンを押すと中央に文字が出ます。  

LIGHTを押すとライトがつきます。なんかホラー映画っぽく感じるのは気のせいでしょうか。

 

左のZOOMボタンを押すとズームで近寄ったり遠ざけたりできます。 おわかりいただけただろうか。

 

MENUボタンを押すとオプションが出ます。 日付表示のオンオフやタイトル文字の変更ができます。

フルバージョンでないと使えません。

 

砂嵐で録画できない?

どうやらLite版では時間制限もあり、15秒を過ぎるとノイズがひどくなります。

 

録画を停止すると、「録画リミット!」との表示が出ます。

    有料版は360円となります。

f:id:apicode:20190816165754p:plain https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rarevision.vhscamcorder&hl=ja  

 

実際に購入版をためしてみると、以下のように15秒を過ぎても砂嵐はおこりません。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ