アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【エクセル】3Dモデルって何?ファイルを指定するには?

ワード、エクセル、パワポに3Dモデルの挿入機能が追加されました。

3Dモデルがあれば、いろんな方向からデータを確認できます。

3Dモデルとは?

3D化されたデータがエクセルやパワポ、ワードで使えるようになりました。

3Dとしてデータ化されているため、データをいろんな方向から見ることができるようになります。

 

3Dモデルの使い方

3Dモデルを挿入するには?

挿入で3Dモデルという項目が追加されました。

f:id:apicode:20181031173400j:plain

 

実行すると以下のように3Dデータの検索ができます。

f:id:apicode:20181031170306j:plain

 

ロードしたらこんな感じ。

f:id:apicode:20181031170434j:plain

 

3Dデータなので好きな方向に回転させることができます。

f:id:apicode:20181031170436j:plain

 

追加するには?

自分の3Dファイルを追加することができます。

リミックス3Dへアップしなくても、ワードやエクセルから直接ファイルを開くことができます。

 

ワードでは「挿入>画像」を実行。

そのままではファイルが表示されません。「すべてのファイル」を選んでからファイルを読み込んでください。

f:id:apicode:20181031173845j:plain

 

うちのSTL形式のファイルをロードしたのがこちら。

無事読み込むことができました。

f:id:apicode:20181031173925j:plain

 

 

3Dモデルの不具合

データが入らない?表示されない?

3Dモデルの挿入はオフィス2019以降からの新機能です。それより前のバージョンでは利用できません。

(ただしオフィス365利用時は使用できます)

 

データはネットからダウンロードされます。

複雑な形状の3Dデータはファイルサイズも大きくなり、読み込みを完了させるには時間がかかります。

利用する場合は、WiFiなどネット速度が安定して早い環境下で作業したほうがよいでしょう。

f:id:apicode:20181031170432j:plain

 

シンプルなデータのはずなのに追加できない!という場合には、グラフィックドライバーまわりが怪しいと思います。

 

グラフィックドライバーのアップデートなどを試してみましょう。 

 

3Dファイルが動かない?

PDFファイルとしてエクスポートした場合、PDFは3Dデータの埋め込みに対応していませんので3Dデータを動かすことはできません。

 

うちでためしてみたら、画像化されていてPDFとして開くことは可能でした。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ