Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windws 10】ペイント3Dをワードやエクセルに貼り付けるには?

ペイント3Dは、ウィンドウズ10で標準添付されている3D対応のペイントツールです。オフィス2019(または最新のオフィス365)では、3Dモデルにも対応しています。ペイント3Dの3D図形をコピペすることができます。

ペイント3Dをワードに貼り付けるには?

ペイント3Dは、ウィンドウズ10では初期状態から入っています。

そのため、2D画像、あるいは3Dデータを作るのには非常に手軽に利用できます。

 

使い方については以下参照ください。 

www.kyoukasho.net

 

ワードに貼り付けるには?

ペイント3Dでは3Dデータをコピペさせることができます。

まずはペイント3Dで3Dモデルを選択してコピーを実行します。

f:id:apicode:20190721111512p:plain

 

あとはワード上でペーストします。

この場合3Dデータとしてペーストされていますので回転マークが中央に表示されます。

f:id:apicode:20190721111514p:plain

 

データ内をドラッグすると、3Dモデルを回転させることが可能です。

f:id:apicode:20190721111517p:plain

 

図として貼り付けるには?

3Dモデルをコピーしても2Dの図形として貼ることもできます。

右クリックし、貼りつけオプションから「図」を選んで実行します。

f:id:apicode:20190721111518p:plain

 

すると貼り付けできますが、3Dモデルを貼りつけた時のように図形を後から自由に回転させることはできません。

f:id:apicode:20190721111520p:plain

 

エクセルでも貼りつけられる?

使えるんです!くぅう!

やってみると以下のように張り付けできました。

貼り付け後、回転等もできます。

f:id:apicode:20190721111752p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ