Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Automate Desktop】正規表現の使い方 サンプルは?

Power Automate Desktopでは、正規表現が使えます。これを使うと、特定の条件の文字だけ見つけ出すということができます。

Power Automate Desktopで正規表現の処理は?

Eyescope Statue - Puerto Vallarta

正規表現とは?

アルファベットだけの文字とか、数字だけの文字とかいう条件を検索するための表現です。

 

これを使えばC#だろうが、PHPだろうが、同じように文字を検索して抜き出すことができます。

 

Power Automate Desktopでも正規表現が使えます。正規表現を使えば、ファイルやウェブページのHTMLから特定の文字列だけ抜き出して調べることができます。

 

タグを調べだす

タグを抜き出す正規表現は

<.*?>

を使います。

これは「<」と「>」の間にあるすべての文字という意味になります。

 

まず「テキスト>テキストの解析」をフローに追加します。

先にテキストをセットしておきます。今回は「FileContents」にHTMLデータを読み込ませています。

検索するテキストで「<.*?>」を、正規表現であるを「オン」に、最初の出現場所を「オフ」にします。

f:id:apicode:20210326132702p:plain

 

すると開始位置はPositonsという変数に、見つかった文字はMatchesという変数に格納されます。

 

これで以下のようにフローを作成して実行します。

f:id:apicode:20210326132917p:plain

 

するとMatchesには、以下のように抜き出したタグのリストが入ります。

f:id:apicode:20210326132954p:plain

 

Postionsには以下のように開始位置のリストが入ります。

f:id:apicode:20210326133021p:plain

 

 

特定のタグだけ抜き出す

今回はH2タグだけ抜いてみましょう。

「<h2>.*?</h2>」を使います。

f:id:apicode:20210326133519p:plain

 

実行すると、以下のようにh2のタグのところだけ取得できました。

f:id:apicode:20210326133522p:plain

 

 

 

Power Automate Desktopの導入方法や基本的な使い方については以下参照ください。 

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ