アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Automate Desktop】デバッグの方法は?

プログラミングに慣れている人なら、Power Automate Desktopの利用はかなり簡単です。しかし初めての人からすると、思った通り動かないことも多いでしょう。

ここでは、Power Automate Desktopでバグを見つけるための手順やTIPSを紹介します。

デバッグの方法は?

Yellow bug

PAD-Power Automate Desktopは非常に使いやすいですが、このようなソフトやプログラムを初めてする人からすれば、難しいところも多々あるでしょう。

使っていて思った通り動かない場合や、エラーになる場合には以下のやり方で原因を把握しましょう。

 

変数

多くの人が迷うのは変数でしょう。

「NewVar」って何?という人も多いとは思いますが徐々に慣れていきましょう。

PADでは、変数が右側に表示されるので、現在どのような数値が入っているかすぐ確認できるようになっています。

f:id:apicode:20210326093130p:plain

 

変数をダブルクリックすると、フルに表示されます。

f:id:apicode:20210326093810p:plain

 

ステップ実行

F10キー、またはステップ実行のボタンを押すと、1アクションごとに実行されていきます。

これで、変数の内容がイメージ通りか、などチェックしていきましょう。

f:id:apicode:20210326093237p:plain

 

ブレークポイント

アクションがたくさん入ったフローの場合、1つ1つ実行していたのでは時間がかかります。そこで、特定の個所でストップするように、ブレークポイントというのを設定します。

 

ブロックの横の数字をクリックして赤い丸が出ると、ブレークポイントが設定されたことがわかります。実行ボタンを押したときにブレークポイントでかならず処理が止まりますので、あとはステップ実行で1つ1つの動作をチェックしていきましょう。

f:id:apicode:20210326093342p:plain

 

バグを軽減するTIPSは?

コメントをつける

「フローコントロール>コメント」でコメントを書けます。

f:id:apicode:20210324150455p:plain

 

コメントはフロー上で読めますが、フローの処理には影響しません。

複数人で同じフローの作成を行う場合、コメントをメモ書きとして書いておくとフローが読みやすくなります。

f:id:apicode:20210324152734p:plain

 

メッセージボックス

「メッセージボックス>メッセージを表示」を使うと、メッセージボックスつまりダイアログを表示できます。

f:id:apicode:20210326093928p:plain

本来は処理が行われる場所が処理されているか、あるいはこの段階で変数はどうなっているか、などの確認に重宝します。

 

処理が実行されると、このようにダイアログがでます。

f:id:apicode:20210326094116p:plain

 

 

 

Power Automate Desktopの導入方法や基本的な使い方については以下参照ください。 

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ