Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Windows 11】ペイントの使い方

Windows 11では、ペイントアプリがリニューアル。

すっきりして見やすいデザイン、さらに図形も豊富に取り揃えられて、今までより実用的になっています。

ペイントの使い方

ペイントはウィンドウズ標準でついてくるグラフィックエディターです。

ウィンドウズ11にあわせて大きくリニューアルされています。

f:id:apicode:20210930222603p:plain

 

ファイルを開く

ファイルメニューの開くでは

  • BMP
  • JPG
  • GIF
  • PNG
  • TIF
  • ICO
  • HEIC
  • WEBP

といったファイルを読み込むことができます。

 

キャンバス属性の設定

ファイルメニューの画像のプロパティを開くとキャンバスサイズを変更できます。

f:id:apicode:20210930223453p:plain

 

ツールバー

選択した状態で反転や回転、切り抜きやリサイズができます。

選択されてない場合は、キャンバス全体が対象となります。

f:id:apicode:20210930222748p:plain

 

ツールでは塗り、文字挿入、拡大、消しゴム、スポイトなど。

f:id:apicode:20210930222844p:plain

 

ブラシのパターンも増えました。

f:id:apicode:20210930222919p:plain

 

図形パターンが増えたのは今回のバージョンアップの大きな特徴だと思います。

f:id:apicode:20210930222947p:plain

 

色も選びやすいです。

f:id:apicode:20210930223029p:plain

 

TIPS

表示メニューではルーラー(定規)やグリッドをオンオフできます。

f:id:apicode:20210930223124p:plain

 

ペンツールの場合シフトを押しながらなら垂直、水平、45度にきれいに描くことができます。ただブラシの場合は対象外みたいです。

f:id:apicode:20210930223249p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ