Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Apps】アプリのチェックやテストをするには?

Power Appsではアプリの不具合などを素早く確認できるチェック機能などがあります。

困った場合は以下のような施策を試してみましょう。

アプリのチェックやデバッグするには?

Hispanic Doctor

 

アプリのチェックを使う

アプリのチェックアイコンに赤マークがあれば注意。

押すとアプリのチェックのサイドバーが開きます。

f:id:apicode:20210412134004p:plain

 

数式のところに「(2)」と数字が出ていますが、これは数式で2件の注意事項があることを示します。

 

クリックすると、以下のように予期しない文字があったり、識別子に問題があることがわかります。

f:id:apicode:20210412134108p:plain

 

さらにクリックすると、問題点の原因と改善策が出ますので指示に従いましょう。

f:id:apicode:20210412134152p:plain

 

アプリのチェックで指摘されている問題点をすべて直すと、赤いチェックマークはなくなります。

f:id:apicode:20210412134245p:plain

 

 

 

変数を確認する

Power Appsでは変数を宣言して利用できます。

変数の内容は、「ビュー」タブの「変数」を押します。

f:id:apicode:20210412135427p:plain

 

すると設定した変数やその値をチェックできます。

f:id:apicode:20210412135438p:plain


動作を確認する

F5キーを押せばアプリを実行します。

 

しかし開発中の画面であっても、Altキーを押しながらだとコントロールをアクティブにしておくことが可能。ダブルクリックで入力可能となります。これでいちいち実行しなくても素早く動作確認できます。

f:id:apicode:20210412133708p:plain

 

 

テストスタジオ

高度なツールには「テスト」機能があります。

f:id:apicode:20210412134914p:plain

 

実行しようとすると、設定が足りないようです。

f:id:apicode:20210412135133p:plain

 

「数式レベルのエラー管理」をオンにします。

f:id:apicode:20210412135136p:plain

 

するとテストスタジオのページが開きます。

 

テストスタジオでは動作を記録していきながら、エラーが出たときにその原因を探しやすくするもののようです。

f:id:apicode:20210412135140p:plain

 

参考:

キャンバス アプリをテストするためのテスト スタジオの操作 - Power Apps | Microsoft Docs

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ