Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Windows 11】スタートアップにアプリを登録するには?

Windows 11でスタートアップにアプリを登録する方法を紹介します。

スタートアップにアプリ

London Marathon, Start

ウィンドウズの起動時に、自動的にアプリを起動するよう登録することができます。

 

通常はインストールするアプリの設定でオンオフしますが、起動させたいアプリを自分で追加することもできます。

 

起動フォルダで管理する

「ファイル名を指定して実行」で、以下のコマンド名を指定して実行します。

shell:startup

 

これで起動フォルダが開きます。

f:id:apicode:20210714164654p:plain

 

うちでは、NumLockを押しっぱなしにするための「NumLockLock」というユーティリティを使っているのですが、それのショートカットが入っています。

 

 

タスクマネージャー

タスクマネージャーを起動し「スタートアップ」タブへ移動します。

f:id:apicode:20210714164943p:plain

 

こちらには追加ボタンはありませんが、有効・無効の管理ができます。

 

もし起動させたいアプリがあって、設定が「無効」になっていれば、こちらから「有効」にすることができます。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ